研究業績(科学研究費関連)

  • 精神障害者の認知機能障害を向上させるための「認知機能リハビリテーション」に 用いるコンピュータソフト「Cogpack」の開発とこれを用いた 「認知機能リハビリテーション」効果検討に関する研究(厚生労働科学研究費補助金(こころの健康科学研究事業)), 分担課題:認知機能リハビリテーションに用いるコンピュータソフト開発(2008).
  • 中国語固有名詞の中日標記対応辞書とその知的検索支援システムの構築(基盤研究(C)一般・研究代表者:横井俊夫(東京工科大学))(2002-2003)
  • 中国語発音に基づく中国地名・人名の仮名表記とその体系化に関する研究(基盤研究(C)一般・研究代表者:陳淑梅(東京工科大学))(2002-2003)
  • 人間の思考過程・能力の定式化とその人工的手段による実現のための学際的研究(基盤研究(C)企画調査・研究代表者:藤崎博也(東京理科大学))(1997) 
  • 情報ネットワーク環境における知的情報検索システムの構築(基盤研究(B)展開研究・研究代表者:藤崎博也(東京理科大学))(1997-1999)
  • 語彙の自動獲得機能を有する計算機可読な高度辞書デ-タベ-スシステムの試作(基盤研究(A)?・研究代表者:藤崎博也(東京理科大学))(1995-1997)
  • 高速・高精度の検索機能と語 知識の獲得機能とを有する辞書デ-タベ-スの試作(試験研究(B)・研究代表者:藤崎博也(東京理科大学))(1993-1994)
  • 人間の言語処理過程に基づき未知語意味推定をする日本語形態素解析アルゴリズムの作成(奨励研究(A)・研究代表者:亀田弘之)(1992)
  • 言語・パタ-ン情報からの概念形成と知識獲得(重点領域研究・研究代表者:波多野誼余夫(獨協大学))(1992-1993)
  • 音声による対話システムのための文章音声の規則合成(一般研究(B)・研究代表者:広瀬 啓吉(東京大学))(1991-1993)
  • 計算機による古典日本語総合索引の研究(総合研究(A)・研究代表者:近藤泰弘(青山学院大学))(1991-1993)
  • 言語・パタ-ン情報からの概念形成と知識獲得(重点領域研究:研究代表者:波多野誼余夫(獨協大学))(1991)
  • 言語獲得と概念形成過程の工学的モデル化に関する総合的研究(総合研究(A)・研究代表者:藤崎博也(東京大学))(1989-1990)
  • 知識表現からの文章音声合成方式に関する研究(一般研究(A)・研究代表者:(東京大学))(1988-1990)
  • 人間の言語処理過程に立脚した自然言語処理方式の研究(特定研究・研究代表者:藤崎博也(東京大学))(1988)
  • 言語情報処理の高度化のための基礎的研究(総括班)(特定研究・研究代表者:長尾真(京都大学))(1987)
  • 高機能検索方式による大規模日本語データベースの作成(試験研究・研究代表者:藤崎 博也(東京大学))(1986-1987)
  • 人間の言語処理過程に立脚した自然言語処理方式の研究(特定研究・研究代表者:藤崎 博也(東京大学))(1986)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-03-19 (木) 21:23:13 (3192d)