研究目標

 研究目標:

    ・思考と言語の観点から、真に高度な人工知能技術を確立し、その社会への還元を目指す。
    ・知的ソフトウェアを知的に創成し,自分の周りから世界を変える

研究テーマ

  1. 思考過程のシステム的解明
  2. 心の計算論的モデルの構築とその応用
  3. 次世代型人工知能技術の確立
  4. 高品質で安心・安全な生活・社会実現に関する研究
  5. 基礎・基盤技術の研究 (コンテンツ & ソフトウェア)
  6. 言語障壁解消へ向けて
  7. コンテンツプログラミングとその応用研究
  8. タンジブル・ソフトウェア教育の研究・開発
  9. 視覚心理研究(相田紗織助教、主として、精神物理学的観点から、s3D立体視研究)
  10. 人工知能の実社会への応用
  11. その他



 (注) これらの用語解説はKameWiki (作成中)などを参照のこと。

    最終更新日:平成28年2月29日(月)